少ない資金で不動産投資|駐車場経営で収入ゲット|効率良い土地活用

駐車場経営で収入ゲット|効率良い土地活用

木のブロック

少ない資金で不動産投資

お金を持つ人

ファンドのメリット

不動産投資は、不動産を購入して売却益や運用益を得ようとする投資手段です。投資としては古くからあるスタイルで金融投資と比べるとリスクが低く、そこそこのリターンが望める性質のものです。反面で投資を行うさいには多額の資金が必要で、最低でも500万円以上は必要とされます。このため少ない資金で不動産投資を行うのは難しいものですが、近年はファンドという形で投資が可能になっています。ファンドは複数の出資者を募って運用するというものであり、出資額に応じて配当を得られるというものです。このため不動産投資といっても金融投資に近いものですが、運用そのものは不動産で行われるので手堅い収益を得られるメリットがあり、また少ない資金からでも参加することができます。

投資効果は

不動産投資のファンド型の投資を行っているものとして代表的な存在なのがみんなで大家さんです。みんなで大家さんでは、1口100万円から始めることができ、また平均利回りも6%前後となっています。また一般的な不動産投資の運用期間は8年程度ですが、みんなの大家さんでは3年を目処に行っています。利回りが6%というのは金融商品と比べると高い水準といえますが、不動産投資という目で見ると直接投資をするよりも低めです。ただ、みんなで大家さんの場合には直接投資をするのと異なり運用費用を差し引いたものが配当されるので、不動産投資にありがちな管理費用等を考えなくて済むメリットがあります。一方、みんなで大家さんでは3年を満期としているためその間に解約した場合には手数料を支払う必要があります。